住宅有料老人ホーム ほうじゅ

プロフィッショナル 仕事の流儀

 

 

「プロフィッショナル 仕事の流儀」と題した今回のブログ。

 

 

仕事にこだわりをもった男、「ほうじゅ施設長 水木星夜」の一日へフォーカスをあてお送りしていきます。

 

(本物のナレーションを想像しご覧下さい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM 5:30

 

誰よりも早く出勤したのは施設長の水木。

 

33才。独身。ヘルパー2級の彼のこだわりは朝一で掃除することだ。

 

20才から介護職につくも2年あまりで転職。

 

10年間、別業種で働くも「再び介護業界へ」と決意したのは2019年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「水木が介護業界へ戻るらしい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業界全体がどよめいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お客様に最高の場所を提供したい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は一貫してそう訴える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社用車も彼にとってはお客様の生活の一部である。特に助手席のガラスをまめに磨く。運転席側は拭かない。

 

 

 

 

無心になって助手席側のガラスを拭く彼を止める者はいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自ら率先してホールの掃除機掛けも行う。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンセントは繋がっていない。

 

 

 

 

 

 

AM 6:00

 

入居者が徐々に起床する時間だ。 彼のこだわりは徹底して「あいさつ」

 

 

 

 

 

 

「あいさつ一つでその日が決まる」

 

 

 

 

 

 

若干ヒゲの青さが目立つ顔で彼はそう言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ほうじゅのミッキーでありたいんです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去のインタビューでの発言である。

 

 

「我々はお客様にとって大事な時間をお預かりしているんです。最高の笑顔・あいさつで迎えることが礼儀です」

 

 

 

ミッキーというよりはグーフィーに近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM 9:00~

 

 

 

入居者の朝食が落ち着くと、パソコンに向かう。

 

 

スタッフのシフト管理や報告書の作成、他ケアマネとの連絡業務だ。

 

 

 

膨大な量のヘルパーサービスの組み立てもここで行われている。水木はいとも簡単に作成し、いち早く現場へ届ける。

 

 

 

スピードが命だ。間違いは許されない。

 

 

 

 

 

 

「実はあまりパソコンでの作業は好きじゃないんです(大爆笑)こうしている間にもお客様と触れ合う時間が減るから・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM 11:30

 

 

パソコン作業が終わり急に立ち上がる水木。

 

 

カメラマンがついていくと向かったのは厨房だ。

 

 

おもむろに鍋を取り出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「料理は最高のエンターテイメントだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一言だけ残しながら火のついていないコンロの上で鍋を振る。

 

 

おいしそうな料理が空中を舞っている(ように見える)

 

 

 

 

 

 

 

 

「実はもともと調理が好きなんです。昔は(結局行かなかったけど)東京へ修行に行きたいと思っていました(結局行かなかったけど)」

 

 

 

 

 

pm 4:00

 

 

 

夕刻も近づき、カメラマンが水木のところへ向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにやら事務所内で髪をかき上げている。

 

 

 

 

「こうやって一日の出来事を思い返しているんですよ(笑)今日出来ないことは明日はできるようにしなければならない。それが私の流儀。プロでありつづけるにも大変ですね。でも、実はこの考えている時間が一番好きなんですけどね(笑)スイマセン、話しかけないでもらえますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

PM 6:00

 

 

 

 

夕方のサービスも嫌な顔一つせず取り組む。彼は本気だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「夕方のサービスが非常に重要だと思っています。その日の最後、「良いスタッフにあたったな。うれしいな」と思っていただけるように。この時間のこだわりは人一倍強いですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就業時間も近づき、彼に質問をしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あなたにとってプロフェッショナルとは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「セイヤミズキ。「おまえセイヤミズキやな」みたいな。今後、プロフェッショナル=セイヤミズキにしてしまえばいんですよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も彼の挑戦は続く・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入居をお考えの方へ

交通アクセス

住宅型有料老人ホーム ほうじゅ

  • 住所:青森県弘前市取上4丁目5番地2
  • 電話番号:0172-55-5781
  • 【電話受付時間】 9:00~17:00
  • 【入居相談担当】 長谷川・水木

»事前見学・ご相談フォーム